ヘアカラーでの【黒染め問題】について考えてみよう!

黒染めですヘアカラーについて
ヘアカラーについて

昨日、今日と久々に黒染めをした履歴のあるお客さんをして、やっぱり黒染めをしている髪を綺麗に染め上げるのは難しいと感じた二日間だったので、振り返って考えてみる。

多分2年ぶりくらい、それくらい久々に黒染めと戦いました。僕の年齢からか黒染めをするような若いお客様が少しずつ歳をとって、今現在10代後半とかの世代が少ないのである。

 

黒染めです

スポンサーリンク

黒染めのリスクを知っておこう!

まずお客さん達に知って欲しい黒染めのリスクをお伝えしちゃう!

黒染めが残っている所は明るくなりにくい!

ざっくりまとめるとこれが一番嫌な所で、むしろこれしかないくらい明るくならない。

黒染めすると黒になるから地毛を染めるのと同じ感じでしょ〜って思ったら大間違い!!

全然染まりませんから!!

黒染めした毛=黒染めする前の明るい毛の色素+黒染めの色素  なので

地毛の黒よりかなり濃ゆいのだ!

よって明るくなりにくい!

そして何よりしつこい!

どういう事かというと、残るのじゃ!黒染めは!しつこく!どこまでも!

最近はブリーチ剤やそれのパワーが弱いバージョンの脱染剤なるモノがあるので対応はかなりしやすいのだが、それでも残る!吾輩の経験上100パー残ってます!

地毛をあんなにキンキンに明るくするブリーチ剤を持ってしても黒染めは分解できんのじゃ!

どげえなっちょんのか!

そしてブリーチ剤を使ったりしてもし完全に取れてきた時には髪の毛はボロボロになっているはず。

よって一回では希望の色は出ない!

リスクの最終段階はココに行き着く!

したい色はでない!そう思って頂いてほぼ間違いない!

美容師は魔法使いでもなんでもないのでできないものはできません!

なのでお客さんと話を重ねていって妥協点を見つけそこに向かっていっているのです。

お客さん達にもココを少しでも分かって頂けたら幸い!

少しずつ普通のカラーで黒染めを削っていきながら、もしくはパワーを抑えた脱染剤で大まかに黒を落として月日をかけつつ、いつの間にかなんとなく綺麗になってきたじゃん!ていう日を待ちましょう!それが一番の方法だと僕は決めてる!

黒染めをするタイミングや期間を考えてみよう!

大抵黒染めをする時は就活、面接、試験、実習の時が多いです。

  1. いつから始まるのか?
  2. どれくらいの期間黒くないといけないのか?
  3. そもそもほんとに黒にまで染めなきゃならんのか?

これらのことを考えて頂いて、美容師さんと話して決めていったらいいと思う!

期間が短いから持ちがそんなに良くなくていいからすぐ落ちるような設定の薬剤にしたり、本格的に始まるのはまだ2ヶ月先だからまだいいやろ〜ってなったり、いや今でも十分暗いからイケるでしょってなったり対策や対応はいくらでもできます!
とりあえず黒くしちゃえ〜が後の負のスパイラルに繋がっていきます。。。

まとめ。

まとめると

・黒染めはお客さんが思っている以上にそう簡単に落ちないよ〜!しつこいよ〜!
・だから明るくなりにくいし色も入らないよ〜!
・だから一回では希望にはならないからそれはわかっててね〜!
・だから黒染めする時は、タイミングやどれくらい黒色が持って欲しいかを相談してね〜!
ってことです。
そして結局何回も染める可能性も出てくるので、それ相応の予算も必要になってくると思う。
ただの黒染め、されど黒染めということを少しでもわかって頂いてくれたら嬉しいです!
最後までお読みいただきありがとうございます!

 

ご予約に関する質問はLINEもしくは電話番号を是非お使いください(^^)

何なりと下記の友達追加をクリックしてお使い下さい!

友だち追加

LINEのID検索でも追加できます→【@650jvxys】でID検索して下さい。

 

Tii電話番号   097-511-6782

 

インスタグラムもやっております!

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

コメント